子供が登山用ベビーキャリアで快適!嫌がる抱っこ紐やベビーカーの代用に便利すぎる!

子供が1歳前後の時、ベビーカーも抱っこひもも嫌がる時期があり困っていました。
知り合いから登山用のベビーキャリアが良いというのをきき、購入しました。

思っていたよりもとても便利で、特に公共交通機関での移動に重宝しました。
ベビーカーよりも場所を取らず、抱っこひもよりも子供が快適そうでした。

ベビーキャリーだと眺めが良いため、子供も楽しそうにおとなしく乗っていました。
少し重いと感じる時もありましたが、ベビーカー・抱っこひもと併用して使うととても便利なアイテムです。

記事作成者:32歳
子供:1歳
モンベル社1

スポンサーリンク

移動手段は色々試してみた

子供が1歳前後の時に、子供の移動手段を何にしようか悩みました。
自家用車は持っておらず、自転車の運転も自信がなかったため、バス、電車、徒歩が基本でした。

まだ月齢が低い頃はベビーカーに乗せ、ぐずってきたら抱っこひもに変え、荷物をベビーカーに乗せて押すというようにしていました。
しかし1歳前後になると自分で動きたがるためベビーカーにほとんど乗ってくれなくなりました。
そうするとベビーカーが邪魔になってしまい、特に公共交通機関を利用する際には肩身が狭い思いをしていました。

また、抱っこひもでは前抱っこだと景色があまり見えずに退屈してしまうのです。
おんぶだと背中を噛んできたり、おんぶしたり降ろしたりに手間取ったりして苦労していました。

アウトドア用品のモンベル社のベビーキャリアを購入!

モンベル社

モンベル社のベビーキャリアは腰がすわってから3歳くらいまで使うことができるリュック型のものです。
まず、ベビーキャリアを下に自立させ、子供をセットします。

それをそのままリュックのように背負います。
子供が座る部分の下は荷物が入れられるようになってます。

また、ネッククッションや雨除け・日よけもつけることができます。
もともとは登山やアウトドア用に開発されたものですが、街歩きでも問題なく使えますよ。
そして、アウトドアメーカー製品だけあって、おんぶひもよりも作りがしっかりしており、通気性や撥水性にもこだわっています。

用途が便利すぎて楽々だった!

ベビーキャリアだと子供の視点が高くなり、景色がよく見えるのでご機嫌で乗ってくれました。
また、子供の下部分に荷物が入れられるため、荷物と子供とこれ一つで済み、両手空いた状態で移動ができ楽でした。

公共交通機関でも乗り降りに時間がかかることもなく、ベビーカーよりも場所を取らなくてよかったです。
座席が空いていない時でも、リュックを降ろして立てておけば、そのまま子供が座っていられるので助かりました。

純正の雨除け・日よけもつけられるため、天気にもあまり左右されることなく日常的に使えました。

やや重たく夏の日焼けには少し注意!

ベビーキャリア自体が少し重いため、全体的な重さは抱っこひもよりも重いです。
重さは2240gで約2kgですね。
背負い始めにやや重たさを感じ、長時間背負っているとやはり疲れます。

1歳前後は問題なかったのですが、子供が大きくなり3歳くらいになると、背負うのが難しくなりました。
雨除け・日よけがついているのは良かったのですが、頭上部分しかカバーされないため、脚は露出している状態になっていました。
雨の日は脚のところだけビニールをかけたり、また暑い日には、脚がこんがり日焼けしたりして少し不便に感じました。

ベビーカーや抱っこ紐と併用もお勧め!

日本ではベビーキャリアを使っている人はあまり見かけませんが、とても良い製品だと思います。
ただ、重たさは感じるため、大柄な人や体力に自信のある人向けなのかなという気もします。

子供は自分から乗りたがりましたので、ベビーカーや抱っこひもを嫌がる子供には良いアイテムだと思います。
個人的には、ベビーカー・抱っこひもとベビーカーを併用するのがベストだと思います。

荷物がそれほど多くなく、徒歩が少なく、公共交通機関をそこそこ使うというシチュエーションには、ベビーキャリアはぴったりです。
特に、大きな駅で混雑している時にはフットワーク軽く動けるし、エレベーターを待たずにエスカレーターに乗れるところがまた良いです。
二人目が生まれたらまた使いたいと思います。

他の抱っこ紐についてはこちら!
ベコバタフライ抱っこ紐でおんぶも快適!デメリットやメリットの感想!

スリングの使い方や使用期間と注意点について!バディバディを購入した感想!

ボバラップ抱っこひもの口コミやいつまで使えるの?緩むと巻くのが大変!?

スポンサーリンク
記事は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

他にも多くの体験談がございます。
下記には関連記事もあります。
ぜひ他の記事も閲覧してみて下さいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加