つわりはいつまで?辛さを軽減した方法やグッズ!点滴や飴も試してみた!

上の子の時もつわりで苦しみましたが、双子の時はつわりが2倍だそうで本当に辛いつわり時期でした。
しかも妊娠してすぐ(妊娠2か月目)つわりが始まったんです。
妊娠7か月目位までつわりがあったので長い長いつわりでした。

上の子もいるので、双子妊娠中はずっと横になっている訳にもいきません。
だけど主人とお義母さんのおかげで、なんとか乗り越える事ができました。
今、つわりで辛い思いをしている方の為に少しでもお役に立てると嬉しいです。

記事作成者:41歳
子供:6歳、3歳(双子)
つわりがひどい

スポンサーリンク

よだれ悪阻や食べ悪阻が酷かった!

今まで生きてきた中で一番辛いんじゃないかと思う位、私のつわりは本当に長く、辛いものでした。
朝起きた瞬間から、夜寝るまでずっと重度の船酔い状態でした。
最初のうちは、何をしていても気持ち悪かったです。

途中からはよだれづわりに変わり(よだれが飲み込めなくてペットボトルに出してました)
それが終わると食べづわりになったので、体重増加が加速してしまいました。

上の子が居てたので、週の半分位は昼間、お義母さんに上の子を見てもらい私はひたすら横になってました。
仕事終わりに、主人が上の子をお義母さん宅に迎えに行ってくれてそのままお風呂、夕食まで済ませてきてくれたのでそうゆう面ではすごく助かりました。

つわりの薬はなぜ開発されないんだろう。
そんな事ばかり考えながら、日々過ごしてたような気がします。

つわり対策で効果があった方法を紹介!

つわりにいいと言われる物はほとんど試しました。
私が試して効果があったものを紹介してみます。

  • チョコラBBドリンク
  • これは個人差があるかと思いますが、私は最初の内は結構効いたかなって思います。
    だけど数週間経つと効果が薄れてきました。

  • 病院の点滴
  • 最初の内は効いていました。
    病院まで行くのが本当に大変でした。
    1度、点滴して帰りの駐車場で吐いてしまった事があり、とても悲しい気持ちになったのを覚えています。

  • 三ツ矢サイダーの飴
  • 私はこれをなめている間はつわりが8割位軽減されました。
    なので1日の内、半分位口に入れていました。
    つわりが軽減される代わりに虫歯ができてしまいましたけど・・・。

酷い悪阻でも何か1つは食べれるものを見つけよう!

色んなつわり対策グッズを試しました。
昨日は効いたのに、今日は効かない等ありましたが、ただただ耐えるだけよりも、何かを信じて試してみるだけでも、気分転換にもなりましたし、良かったと思います。

特に食べ物に関しては、何か1つでも食べられるものを見つけないと、体力がつかないので大変です。
私はつわり初期は海鮮巻きとハムサンドばかり食べてました。
つわり後期はちゃんぽん麺ばかり食べてました。
マクドのポテトも良かったです。

出費はデメリット!?必要経費として考えるしかない!

つわり対策をしてみて、デメリットと思った事は、とにかくお金がかかります。
うちは心配してお義母さんが食べ物等、何かと買ってきてくれたので、本当に助かりました。

それでも病院の点滴一回にしても2千円位掛ったと思います。(病院によります)
ごはんも作れないので、スーパーでのお惣菜ばかりになり、かなりの出費になりましたね。
必要経費と思い、割り切って購入していました。
朝、昼、晩と買って来たものばかりだったので、食費だけで1日2千円位は使っていたと思います。

つわり中はイライラ!いつまで続くの?

つわりは本当に辛いです。
そしてあまりに辛すぎて家族(主に主人)に当たってしまいます。だ
けど絶対に終わりがきます。

個人差があるのでなんとも言えませんが、上の子の時は妊娠6ヶ月の頃に終わり、双子の時は妊娠7ヶ月の終わり頃に終わりました。
実母から「楽しい事だけ考えてたら、つわりなんてすぐに終わるよ」と言われ、すごく腹立だしかったのを覚えています。

何気ない一言がつわり中の妊婦さんにはかちんときてしまいます。
周りにもしつわり中の方がいたら、どうぞそっとしておいてあげて下さい。
そしてこんなにもつわりで苦しむ人が沢山いるのに、なぜつわりに効くお薬は発明されないのでしょうか。
薬品会社の皆様、ご検討をお願いしたいです!

つわりを軽減する方法はこちらも参考に!
酷いつわりを軽減する方法!姿勢を変えるだけでお金は使わない!

ネットスーパーを利用して負担を軽く!
妊娠中の酷い悪阻!家事でネットスーパーを利用した感想はとても便利だった!

スポンサーリンク
記事は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました。

他にも多くの体験談がございます。
下記には関連記事もあります。
ぜひ他の記事も閲覧してみて下さいね。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加