だらしない子供の服に効果大!ズボン滑り止めシートを使ってみた!

長男が3歳のころの幼稚園入園前後のことです。
元々だらしなく無頓着なところがあります。
性格的にもあまり細かいことは気にしない、自分は自分、人からどういわれようが自分が良ければそれでいいというところは変わっていないように思います。

今はどうしようが自分の好きにしなさいと思えますが幼稚園など初めての集団生活は本人より母親である自分がとても気になり、色々なことに神経をすり減らしていました。

記事作成者:45歳
子供:13歳
だらしない解消

スポンサーリンク

だらしない格好をする子供!

とにかく身支度を整えるということが全般的に苦手でした。
注意力が乏しいのか皮膚の感覚、刺激に乏しいのか分かりませんが園の制服のシャツやそのその中に着ている肌着が常にダラーッと出ているのです。

入園前までは私がいつも直してズボンの中にインしていましたがさすがに幼稚園に通い始めるとそうはいきません。
お迎えの時にだらしなく走ってくる我が子を見つけては、なんであんなにだらしないのだろうと頭を抱えていたものです。

○○君はいつも細かいこと気にしなくて子供らしくていいねと言われ情けない思いをしたこともあります。
それはなかなか直らず、あえて肌着はお腹は冷えるかもしれませんが小さめの丈の物を着せてみたり肩からズボンをつってみたりいろいろと策は講じてみました。

ズボン滑り止め5シートセットを購入!

紳士服を扱うお店でスーツを買う際に役立つものが子供にも使えます!
ズボンからシャツが滑り出るのを防ぐアイテムです。

アイロンでズボンの腰回りの裏側にアイロンでくっつけます。
簡単につけられお手軽でした。

そういったお店でつけてくれる際はとてもお金がかかりましたがネットでも購入できることが分かり助かります。
大人5着分の値段なので子供服にはもっと使えそうです。

効果は抜群でだらしなさも解消!

効果はかなりありました。
制服はかっちりしたものなのでズボンもしっかりしたものです。
その腰回りにつけたところシャツが滑り出ることがなくなりました。

背中のほうは必ずつけた方がいいです。
お砂場で遊ぶ際に立ったり座ったりしてもシャツは滑り出てきません。

腰のほうに一つ、ウエストサイドに一つずつつけてみました。
子どもは特に気にしてはいませんでしたが、私自身のストレスからはかなり解放されました。見た目もよくなりました。

ゆったりズボンや洗濯には注意!

一番最初にパジャマに試してみました。
パジャマはゆったりしているものなのでシリコンのゴワゴワ感が際立ってしまい、初めてつけた日は一晩中ぐずられて散々な目に合いました。

ゴム製のズボンやスカートもダメですね。
ウエストの芯がしっかりとしているもののほうがよいです。
洗濯は必ず裏が出たまま洗わないようにしています。

吸着力が薄れていく気がします。
洗濯ネットも必ず使用しなるべく吸着力が弱まらないようにしています。

集団生活をすると目立つ事が増えてくるため先輩ママの意見を聞く!

幼稚園に入り今まで個々それぞれの発達や様子しか分からず気にもとめていなかったことが、幼稚園という集団生活の中で自分の子どもだけできていないこと、違っていることなど目につくようになりました。

焦りや苛立ちなど色々なストレスがありました。
そんな中でネットでの意見にずいぶん助けられました。

できないならできるようにする便利グッズや先輩ママからの意外なものがお役立ちグッズになることが分かり、私も子どもも楽しみながら幼稚園生活を送れたような気がします。

また母など子育ての大先輩の意見も参考にするとなんだこんな方法もあるのか、と一気に解決につながることもたくさんありました。
今はわが子の幼稚園時代より色んな情報があってうらやましいです。

リュックサックの滑りどめにはこちらが便利!
リュックずり落ち防止のグッズを使ってみた感想!ママや子供用もあって便利!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加