マタニティショーツ[ローズマダム]の感想と冷えを防いで流産の確率を下げる便利グッズ!

妊娠週数が進んできてだんだんと今まで使っていた下着がきつく感じるようになりました。
もともときつめの下着をつけていました。
まだ赤ちゃんが大きくない頃です。
ちょうど子宮がある位置に下着のラインが当たって締め付けてた感じになってしまっていました。

締め付けると血流が悪くなります。
赤ちゃんに届けられる血液が冷たくなって赤ちゃんも冷えてしまうということで、対策としてアイテムを購入しました。
その時の体験談を書いてみました。

記事作成者:26歳 
子供:妊娠4ヶ月ごろ
妊婦の下着

スポンサーリンク

妊婦の下着の重要性!

実は買うタイミングがよくわからないし、今のままでもゆったりしてるからまだいいかなって思って過ごされてる人もいると思います。
でも、締め付けによって赤ちゃんも冷えるし、おなか周りも冷やさないために必要になるものです。
赤ちゃんに届けられる血液の温度が温かければそれだけ流産などの確率が下がるというお話も聞きました。

自覚がなくても体は少しずつ変化していっています。
マタニティショーツは大きく変化する体型に対応して長く使えるように設計もされているので、早めに取り入れるのがいいみたいです。
私はちょうどこれから寒くなっていく時期でもあったので心配でした。

ローズマダムのマタニティインナーを使った感想

どうせ買うならば産後も使えるもので、かつそんな値段しない安いものがいいなと思って人気との噂の「ローズマダム」のブラとパンツを買いました。

授乳ブラ 前開き 綿100% M/L/LL/3L/4L ワイヤーなし

マタニティ ショーツ 伸縮性&肌触◎の天竺素材使用

ブラ2枚セットとパンツ3枚セットで1000円代だったのでお試し感覚でした。
胸は妊娠で2カップ大きくなるのと、お腹も大きくなるのでとりあえず一番おおきいのがいいと思い、大きいサイズを選びました。
ブラは産後授乳でも使いやすいようになっています。

最初はブラはちょっと緩いかなで、パンツなんですごい大きくて胸の下までパンツが上がりました。
ちょっと大きすぎたかなと思ったくらいです。
しかし、妊娠6カ月になって体重も3キロ増で赤ちゃんの胎動が分かってくるくらい大きくなった時、何とそのブカブカだったのがピッタシくらいになったのです。
締め付きがなくなったから一気に大きくなったのかなと驚きました。

感想とまとめ

おかげで、お腹の締め付きもなくなって、締め付きを気にすることもなくなりました。
だんだん大きくなるおなかでご飯を食べても締め付きで苦しいと思うこともなくなりました。
ブラも開くので保湿クリームも塗りやすいです。
この時はとても便利だと思いました。

お腹に保湿クリームを塗ってもショーツが覆ってくれるので乾燥の心配もありません。
お腹が大きくなる前に、早めに購入しといてよかったなあと思います。

妊娠中は色々な感染病にも気をつけましょう。
妊娠中に猫から感染する病気トキソプラズマは危険!予防と経路について!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加