妊娠中の腹痛で流産が不安!赤ちゃんの心音をお手軽に聞いて安心を得るグッズ!

妊娠中は初期、中期、後期と段階分けされています。
初期というのはまだ胎児の状態が安定せず、常に流産の二文字に恐れながら細心の注意を払って生活する必要があります。
無事安定期に入ったら今度はお腹がどんどん大きくなることにより身体がどんどん変化し、体調の変化に対応するのが大変です。

後期は大きなお腹を抱えながら全ての動作を行うのには見た目以上の苦労があるものです。
どの時期においても妊婦はお腹の子供を守る為に必死です。
私はそんな不安な妊婦時代に、とてもよい商品に出会うことができたのでご紹介します。

記事作成者:35歳
妊娠5ヶ月頃
エンジェルサウンズ

スポンサーリンク

妊娠初期から腹痛が酷かった!

私は妊娠初期から度々腹痛に悩まされてきました。
原因はわからないのですが、妊娠3ヶ月の時に仕事中にものすごい腹痛に襲われ立ってることもできず病院に運ばれました。

「もうお腹の子はダメかもしれない!」そんなことが脳裏によぎりました。
検査の結果、お腹の赤ちゃんは特に問題なしとのことで本当に安堵したのを覚えています。

もしかすると仕事が心身ともにストレスになっているのかもしれないと思い、早めに産前休職に入り大事をとることにしました。

その後は家でゆったりまったりと過ごしていたのですが、妊娠4ヶ月~5ヶ月にかけても、長距離を歩くと痛みがひどく流産の恐れを常に感じながらの生活でした。

年齢的にも高齢出産にさしかかる時期だったので、なんとしてもこのお腹の子供を無事に産みたい、その一心でした。

エンジェルサウンズフィータルドップラで心音の確認!

エンジェルサウンズ1

そんな不安な日々の中、もしお腹の中の赤ちゃんが検診時以外でも元気であることが確認できればと思いネットを検索していました。
すると、赤ちゃんの心音が聞くことができる機械があり、アメリカやヨーロッパなどでは大人気商品というのを目にしました。
「胎児超音波心音計 エンジェルサウンズ Angelsounds」という商品です。

値段も手ごろで、手持ちのジェルをお腹に塗って機械をお腹にあてて、ヘッドフォンで心音を聞くというとてもシンプルな物でした。
パソコンやカセットデッキと繋いで録音もできます。

機器にハートマークがあるのがスタンダードタイプです。
ハートマーク無しはミニタイプですね。

流産の不安も心音を聞くと安らぐ!

妊娠5ヶ月の時に思い切って買ってみました。
届いたら早速心音を確認しました。

赤ちゃんのいる場所を探し当てるのが少し難しかったのですが、機械をうごかしていると「ドッドッ」とかすかな心音が聞こえました。

まさに、私のお腹の中に赤ちゃんがいるんだという安堵となんともいえない幸せな気持ちになりました。
旦那や母親、父親とも心音を共有でき、家族皆がちいさな命を感じることができとても喜んでもらえました。

ずっとこの心音をきいていたいくらい、本当に幸せなひと時を感じることができました。
検診は一ヶ月に一回なので、心配性の私は何度も何度も生存が確認でき、安心材料にもなりました。

胎動を感じる頃には使わなくなった!

これといって不便なことや使いづらいという点はないのですが、妊娠中期に入ってくるとだんだんと胎動が激しくなってきます。

そうするとこちらの商品を使って心音を確認するまでもなく、元気にお腹の中を動き回っているのが分かります。

購入したのが5ヶ月に入っていたので、実際よく使用したのは約1~2か月間くらいでした。
この商品を使用できるのは妊娠12週からなので、妊娠3ヶ月くらいに購入していればあのころの不安な気持ちをもっと早く解消できたのになぁと悔やまれます。

心配性な妊婦さんへのプレゼントにもお勧め

妊娠出産は本当に奇跡の連続です。
人生の一大事ですし、女性は命をかけてお腹に生命を宿しこの世に命を誕生させます。

現代社会においては医学の発展でそれほど妊娠出産で命をおとすことはありませんが、その昔は命を落とすこともまれではありませんでした。

こんなに便利な機械ができたことは本当に不安な気持ちを抱える妊婦にとって大変喜ばしいことです。
私は、心配性であったことと、原因不明の腹痛に悩まされつづけた妊婦時代を振り返ってこの商品にとても助けられました。

そういった経験から、今度妊娠した友達や親族に、このエンジェルサウンドをプレゼントすることを心に決めました。
少しでも不安を減らし幸せな妊婦生活を皆に送って欲しいです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加