赤ちゃんの突然死[SIDS]の予防グッズ!効果と体験談について!

初の子供が生まれた時です。
幸せな反面、何か不幸が起こらないようにと怖い気持ちにもなりました。
赤ちゃんの突然死の事はニュースなどで知っていました。
芸能人の赤ちゃんもそれが原因で命を落としている事がニュースにもなっていましたしね。
「乳幼児突然死症候群(SIDS)」です。
後から後悔しないようにと対策グッズを買いました。
それについての体験談を書いてみました。

年齢:30代前半
子供:2歳
乳幼児突然死症候群

スポンサーリンク

乳幼児突然死症候群について

乳幼児突然死症候群という現象はとても怖いです。
さっきまで元気だった赤ちゃんの呼吸が突然止まってしまう事です。
寝ている時に起こるようです。
詳しい原因は未だに不明の様です。

7000分の1の確率で起こるという統計が出ています。
決して他人事ではありませんね。
乳児の死亡原因の第3位となっています。

対策方法としてはうつ伏せには寝かせずに仰向けにするようにするとの事。
そして母乳で育てると軽減されるとの意見もあります。

ベビーセンスを買ってみた。

乳幼児突然死症候群(SIDS)は処置が早いと助かる事もあります。
24時間ずっと子供といる生活ですが、寝ている時にはさすがに異変には気づけませんよね。

出産した病院では子供の布団の下にベビーセンスという機械がついていました。
これはSIDSを知らせるものです。
赤ちゃんの呼吸が止まったら大きな警告音を鳴らして教えてくれます。
ぜひ欲しいとお願いしたのですが、病院では購入できないとの事でした。
私は心配性なのです。

ベビーセンスが欲しくなったためネットで調べました。
通販で普通に売っていたため購入しました。
中古も売ってましたが、何か不具合があると怖いと思い新品を購入!
価格は1万8000円ほどでした。
かなり高額ですが、もしもの時を考えて購入しました!

気になる人はチェックしてみましょう!

使ってみた感想とまとめ

ベビーセンスの感度はよくて、呼吸が止まってないのに鳴る事もありました。
赤ちゃんが寝ている位置が大きくズレるとなっていまいます!

あとは抱っこした時にセンサーを切り忘れて警告音が鳴ってしまう事が多々ありました。
結構大きな音でビックリします!
ボタンを押すまで鳴り続けます!
抱っこしながらボタンを押すのは体勢的にキツイので足で押しますけどね。

センサーが働いてくれているおかげで私も安心してぐっすり眠れました。
精神的には凄く楽になりましたよ。
一度も呼吸が止まる事はなく、赤ちゃんだった娘は2歳になり今も元気に成長中です!

SIDSについてはこちらもどうぞ!
乳幼児突然死症候群SIDSの防止対策で注意した事を書いてみました!体験と感想をまとめてみた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加