子供のオムツがはずれる時期と方法!夜のおねしょ対策の感想

家族構成は夫、子供二人の4人家族です。
一人は小学校3年生、もう一人は5歳の年中です。

上の子はおむつはずれに苦労したという記憶がなく、すんなりと昼も夜もおむつを卒業できました。
そのため二人目のおむつはずれも超簡単と余裕をかましていたのですが、それが失敗の始まりだったのかもしれません。
子育ては、子供の個性によって全然違うな、また育児って面白いなと考えるきっかけにもなりました。
記事作成者:43歳
子供:5歳
キャラパンツ

スポンサーリンク

おねしょはオムツのせい?

下の子は5歳になる直前までおねしょをしていました。
昼間のおむつは3歳の時にとれました。

これも遅い方だと思ったのですが、その子なりのの成長もあるだろうと特に気にしていませんでした。
ただ困ったのは夜のおむつは必ず濡れていること。
そのためなかなか夜おむつをとってしまう勇気を持てずにいたのです。

夫はつけているからするんだ、
早く外せと無理やりとってしまったことがあります。
でも毎日おねしょ。

毎日布団を干すことにもシーツを洗うことにもイライラして、私のストレスのマックスに達したのが私の悩みでした。
それがあることをきっかけにおねしょが格段に減ったのです。
そして冬になる前におねしょを完全に克服できたのです。
その便利グッズとは、キャラクターパンツでした。

キャラクタのパンツで対策

私がおねしょ対策のために使用したもの、それはキャラクターのパンツです。
キャラクターはプリキュアでした。

幼稚園でみんなでプリキュアごっこをするということで購入したのですが、夜寝るときに、おねしょをして濡らしたら可哀想だから、寝る前にトイレに言って行こうと誘うと、ちゃんといくようになったのですね。
トイレに。それをきっかけにおねしょの回数が減ったのです。
意外と簡単な事でビックリですよね。

余計なお金は使わず工夫して解決

対策グッズといっても日常生活で使用するものの1つ。
そのため購入のために出費などは特に負担に感じることはありませんでした。

またキャラクターものの可愛い物を身につけた娘は、得意げでもありました。
そこをついて「かっこいいね、濡らしたら可哀想だね」といい続けたのです。

確かにおねしょをするとパンツが臭くなるというのは以前から娘も自覚していましたし、可愛いものは濡らしたくないという思いをうまく誘導して、濡らさないようにできたことは大きなメリットがあったと思います。

個人的に感じたデメリット

5歳になる前の娘は身長約100㎝でした。
そのため、パンツも100~120㎝でちょうどだと思い購入しましたが、すこし大きかったかなと思います。

やっぱりパンツはピタッと履いてこそかっこいい。
だから、サイズを一つ落としてもよかったのかもしれないと思いました。

また何回も履くとだんだんパンツのゴムが伸びてくるのも少し使いづらかったですね。生地は比較的丈夫なものだったので、その点は洗濯しやすかったしよかったと思います。

子供の性格を把握して成果が出た

トイレトレーニング、おむつはずれというのはママにとっても子どもにとっても、大きな試練の1つ。
誰にでも訪れることなのですが、そのタイミングややり方が重要だと思います。

思い切って成功する場合と、失敗してまたやり直し、おむつはずれが長引くということもあります。
そのため、出来れば焦らず行うことが重要だと思います。

また子供によっては、うまくおだてられて成功することもあります。
そのため子供の性格などを良く分析してやり方を決めたらいいんじゃないかな?キャラクターものパンツは禁止している幼稚園もあるけれど、私の子供の幼稚園は許可しているのでよかったというところもポイントの1つです。
お調子者の娘には良いおむつはずれの方法だったと思います。

幼児に役立ったグッズや感想はこちら!
幼児の集中力と話す力を育てる「アンパンマンにこにこかるた」が素晴らしい!使った感想と体験!

幼稚園や運動会のお弁当は保冷剤が内蔵されたバッグで保温対策しよう!

子供が食事をこぼして汚い!ベビービョルンのソフトスタイがかなりのお勧めな理由!

子供が服を汚さない対策グッズ!タオルエプロンが自作も出来て便利!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加