ダイエットに食事制限で失敗した経験!ジム入会は無駄だった理由

30歳の女性会社員です。
本格的にダイエットを開始したのは27歳くらいの頃からです。
他人の目を気にしてのダイエット開始だったのですが、ハードなダイエットは自分には向いていなかったようなのでマイペースで出来る生活改善を主に行いました。
無理なく続けられる方法を取ることで時間はかかりますが無事に体重が減ったという経験談です。

記事作成者:30歳

食事制限ダイエット

スポンサーリンク

見た目は変化なしだけど太っていった

20代半ばくらいから少し太り始めました。
正直なところ見た目はあまり変わっていなかったので自覚症状はなかったのですが、体重計に乗ってみると少しずつ増えていることがわかりました。
久しぶりに体脂肪も計ったところ増えており、内臓に脂肪が溜まっているのではないかと怖くなりました。

それでも忙しさにかまけて具体的な対策をとらないまま1年ほど経過したところで明らかにお腹周りや頬にお肉がついているのが感じられるようになり、口の悪い人にははっきりと指摘されるほどになりました。

元カレからの一言を聞いてしまい決意!

口の悪い人から最近太ったなと嫌味を言われることはありましたが流していました。
しかしそのころ同窓会があり、そこで元彼とも再会しました。
二次会まで付き合った帰り道でなんとなく元彼が他のグループと話しているのを耳にした時に「あいつ太ったな」と言っているのを聞いて悔しくなりました。
見返してやろうというわけではないですが、別れて正解だったと思われているのが屈辱的でこのままではいけないと思いダイエットを決意しました。

時間がないため食事制限でダイエット

仕事が遅くあまり時間は取れなかったので食事制限を主にしていました。
最初に行ったのは帰りが遅いことを逆手にとって夕食は食べないようにしました。
食べるにしてもスープとサラダだけにして炭水化物は一切とらないように気をつけました。

朝食もそれまではパン派でジャムやマーガリンをたっぷりつけるのが好きだったのですが、それもやめてご飯にしました。

ご飯はあえて納豆などと一緒に多めに食べたのですが、その結果仕事中にお腹が減ることが少なくなり間食が減ったので総カロリーは制限出来たと思います。

食事以外では少し運動を取り入れて、休日は30分は走るようにしました。平日も帰り道であえて遠回りして坂道が多いルートなどを通って運動不足にならないように心がけました。

ジムへの入会は危険!?

ダイエットを開始して食事制限や運動にも慣れてきたころにジムに入会しました。
しかしこれが間違いの元でジムに入会した途端に満足してしまい、ようやく習慣になった方法を疎かにするようになってしまいました。
ついつい食べ過ぎたり、運動をサボった時にもジムに行けば取り返せると言い訳をしてしまい自分に甘くなりました。
ジムに通っているうちはまだそれでも良かったですが、結局忙しかったり疲れていたりでそこまで頻繁に通えずその時期は体重がまったく減らなかったです。

結局はダイエットに失敗した!

意思の弱い私にはあまりハードなダイエットは向いていないなとつくづく思いました。
個人差はあると思いますが、「ダイエットをしている」という具体的な状況は精神的負担も大きく、長続きしないと思います。少なくとも私はそうでした。

それであれば即効性はありませんが、無理のない範囲で生活を見直す方が続けやすいと感じました。
見直した生活に慣れてそれが当たり前になると、ダイエットをしているという感覚ではなくなるのでプレッシャーはほとんどありませんでした。

私の場合は体重計もあまり頻繁には乗らないようにしていました。
ジムに通っていた時はついつい毎回見てしまいがちでしたが、目に見えて効果が出ないとやる気が下がってしまいます。時々チェックをするくらいの方が長い目で見られるのでよろしいかと思います。

このピザやファーストフードの画像!
「美味しそう」から「気持ち悪い」と感じれるようになろう!

ダイエットに成功している人も多いですね。
食事制限は取らないよりも置き換えるべきです。

ダイエット経験談はこちら
レコーディングダイエットの成功した経験!ストレスを乗り切った方法

スープダイエットと断食を併用して効果発揮!遺伝でも痩せた経験!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加