子供の川遊び対策 溺れないライフジャケットと転倒防止のウォーターシューズ

私は27歳の主婦です。
子供は3歳の娘と1歳の息子がいます。
娘は3月生まれのせいか1歳の息子と体重差は1キログラムほどしかなく通っている幼稚園でも1番小さいです。
そんな娘ですが水遊びが大好きで暑い寒いに関係なくいつも水で遊びたがります。
幼稚園でも手洗い場で水浸しになるまで遊んで着替えて帰ってくることが頻繁にあります。

記事作成者:27歳
子供:3歳,1歳

ライフジャケット

スポンサーリンク

水遊びが大好きな子供

子供は基本的には水遊びが大好きな子が多いですよね。
5cmの深さの水でも溺れてしまうため注意が必要です。

夏場は公園や様々なところで水遊びができる場所があります。
娘は大喜びで遊びに行くのですが深い所だろうが構わず入っていってしまうのでヒヤヒヤしてしまいます。
去年は海に連れて行ったのですが、大はしゃぎで浮き輪にしがみついて海で遊んでいました。

川遊びで浮輪は大袈裟!?転倒と溺れてしまう心配

私の娘は水遊びが大好きです。
私の家の近くにある公園には小さな川があり、小さい子から大きい子まで水遊びを楽しんでいます。
娘が水で遊ぶことが好きなのはいいのですが、他の子よりも体が小さいし、1歳の息子もいるので娘に四六時中ついてまわることもできません。

私のほかに主人が一緒にいる時ならば1人づつ見る事ができるので安心なのですが主人がいつもいるとは限りません。
もちろん目は離さないつもりですが、もしも目を離した1瞬のすきに溺れてしまったらどうしよう。
滑って転んでしまったらどうしようと不安に思っています。

海やプールでなら浮き輪やアームリングをつけてしまいますが小さな川では大げさな気がするし、アームリングは子供が嫌がってとってしまうので効果が期待できません。

ライフジャケットとウォーターシューズでで川で溺れないような対策を考えた。

お勧めで実際に購入したのはライフジャケットとウォーターシューズです。
ライフジャケットはサイズ調整ができたりすっぽり脱げてしまわないように工夫されています。
ポケットも1つ付いていますよ。
引っ張りあげられる仕様にもなっていますね。
娘も着せるものなら嫌がらないので助かっています。

柄も目立つので娘を見失ってしまってもすぐに見つけることができます。
ウォーターシューズは、ウォーターシューズを購入する以前は足首で固定できるサンダルを履いて川に入っていたのですが、サンダルだと滑ってしまうことや川遊び後に公園で遊ぶときに砂が入ってしまうことがありました。

しかし、ウォーターシューズは靴のように履けるので水遊び後公園でそのまま遊ぶこともできて便利です。滑りにくい構造にもなっているので安心です。

ライフジャケットはかさばる事がデメリット

ウォーターシューズについては使いづらい点や不便は今のところありません。
ライフジャケットについては水遊び後の収納が面倒だなと感じています。
どうしても荷物になってしまうので場所も取ります。

購入しているものはちょっと水遊びするときに安心のために購入したものなので海やプールには不向きのライフジャケットです。
なので海やプールに行く時には別の対策が必要かなと思ています。
もっと海やプールで使えるけどコンパクトなものを探せばよかったなと思っています。

■サイズ:Sサイズ(90~100cm)
初期浮力:2.8kg 体重:約20kg以下
肩幅:27.5cm/身丈:37.5cm/身幅:最大35.5cm/最少33cm

■サイズ:Mサイズ(100~120cm)
初期浮力:3.5kg 体重:約30kg以下
肩幅:28cm/身丈:40.5cm/身幅:最大39cm/最少35.5cm

■サイズ:Lサイズ(120~130cm)
初期浮力:4.3kg 体重:約40kg以下
肩幅:30cm/身丈:43.5cm/身幅:最大43cm/最少40cm

■サイズ:LLサイズ(130~150cm)
初期浮力:5kg 体重:約50kg以下
肩幅:32cm/身丈:47cm/身幅:最大50cm/最少44cm

■笛付き
■股ベルト付
■ナイロン:100%
■浮力材:発泡ポリエチレン

サイズはSからLLまであります。
3歳児で110cmの洋服を着ている15kgの男児はMサイズでちょうどよかったという評価もありました。

ライフジャケットは目立つ派手なものがベスト!

ウォーターシューズについては買ってみて大正解でした。
ただ、サイズ感が大きい物ばかりだったので娘の足のサイズに合うものは少なかったです。
息子の足のサイズに合っていて靴のようになっているものは、まだ見つけられていないので見つけ次第購入したいと思っています。

ライフジャケットは種類が多くて、どれを選べばいいのかとても悩みました。
浮遊力が大きなものになると当然ライフジャケット自体も大きくなってしまうので今回はコンパクトなものを購入しましたが、もっと探せばよかったなと思っています。

浮遊力以外のサイズ調整ができたり、すっぽ抜け対策がされているので機能的にはとてもいいと思っています。
これから夏がきてちょっとした水遊びだけではなくて本格的に水遊びをする季節です。
子供が溺れてしまったりしないように気を引き締めて夏を過ごしたいと思います。

夏の子供の水筒の便利グッズを紹介!肩の痛みが無くなり気に入る商品

子供用の水筒の選び方と失敗した例!壊れにくくてコップ付きで完璧だった!

夏の子供の虫除け最強でマダニ対策も出来るスプレー!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加