妊娠後期に体重が増えるとダメな理由!減らすために実践した体験について!

私が第二子妊娠当時、31歳の頃の話です。
第一子のときは若かったからか、あまり妊娠時に体重は増えずに済んだのですが、第二子妊娠中、特に後期に入ってくるとぐっと体重が増えてきて困りました。

周りの妊娠経験者の話を聞いても、妊娠後期に体重が増えてしまい、産婦人科の先生に怒られたなんていうケースが結構あるようでした。
そこで今回は、私が妊娠後期にこれ以上体重が増えないように取った方法についてご紹介します。

記事作成者:31歳
子供:妊娠後期
妊娠体重増加

スポンサーリンク

妊娠中に体重が増加しすぎると色々危険!

私が妊娠後期に悩んでいたのは、それまではそんなに増えていなかった体重が後期に入ってから急に増えてしまったということです。
幸い私が通院していた産婦人科の先生はそこまで体重管理に厳しくはなかったのですが、それでも「ちょっと、これ以上は増えないように気をつけたほうがいいねー」なんてチクリと言われてしまいました(嫌味っぽく言われるより、いっそのこと怒られたほうが気が楽だったかも・・・)。

体重が増えると産後元に戻すのも大変だし、何より体重が増えることで体が重くなって出産も大変になりそうだなと思っていました。(実際、脂肪がつくと赤ちゃんが産道を下りて来にくかったりするらしいです)

なので、なんとか体重があまり増えないようにできることはしないと!と気合を入れました。

体重増加を予防した実践方法

妊娠中の運動

私がまず行ったのは、上の子供を連れて近所を散歩するということ。
それまでは大変だからとあまり散歩していなかったのですが、やはり適度な運動をしないと体重は減らないだろうと感じました。

あとは、たまにヨガもやりましたし、なるべく雑巾がけなどこまめに体を動かすよう心がけました。(雑巾がけは安産にも良いと聞いたことがあります)

また、食事は洋食だとカロリーオーバーになりやすいので、基本的に和食にしました。
少なめのご飯、味噌汁、焼き魚、ひじきの煮物などなど。
やはり和食のほうが栄養バランスも良く、カロリーが抑えられます。

あとは、塩分控えめも心がけました。
塩分を取りすぎるとむくみの元になりますし、のどが乾くので水を飲みすぎてしまいます。
塩分を控えることで体重増加がかなりゆるやかになりました。

まとめと感想

上記の取り組みで、なんとかその後急激な体重増加はせずにすみ、出産もかなりの安産(分娩室に入ってから15分で出産)になりました。

私の場合は運動として散歩をしましたが、やはり気分転換にもなりますし、軽い運動なので妊婦にはベストなのではないかと思います。
それまで運動の習慣の無かった人が妊婦になって急に運動を始めるというのは危険ですしね。

また、食事においては塩分を控えるというのはとてもおすすめです。
塩を使う代わりにお酢やこしょうなどのスパイス(調味料)を使うことで物足りなく感じることなく食事がいただけます。

あとは、個人的にはおろしぽん酢がおすすめです!
たっぷりの大根おろしに少しのぽん酢をかけるだけ。魚にも肉にも豆腐にも合うしヘルシーですよ。

妊娠中に太った人はこちらも試して見ましょう!
妊娠中に太った!食事に注意した体験!安産のためハーブティーを飲んでいた感想!

妊娠して体重増加させない対策!間食はEお母さんで満腹感を!

妊娠後期の足のつりの対処法!
妊娠の後期に【こむら返り】足がつりやくなった!改善した対処法と原因は?

妊娠中は腰痛にもなりやすいので注意です!
妊娠中の激しい腰痛対策でトコちゃんベルト2を使用した感想!ベルト1と2の違いについて!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加