乳児のお風呂は大変!グッズのリクライニングバスチェアの評判と期間について!

実家から離れて、夫と家族3人で生活を始めた頃です。
0歳児の乳児をお風呂に入れるにあたって大変だったことと、役立ったグッズを紹介します。

0歳といっても月齢が3ヶ月くらいでした。
3ヶ月の赤ちゃんはまだ首もしっかり座ってないですし、もちろんお座りもできません。
お風呂に赤ちゃんと入るのは、両手がふさがってしまい、自分の身体や頭はそっちのけで赤ちゃんをお風呂に入れることで必死でした。

記事作成者:24歳
子供:0歳3ヶ月
ベビーソフトバスチェア

スポンサーリンク

ママ1人で赤ちゃんをお風呂に入れる大変さ!

そんな中、一番困ったのが、夫が家にいない時です。
私の夫は、出張が多く、家に帰る時間も22時だったりと遅い時間帯のため、ほとんど私が一人で子どものお風呂に入れます。
便利グッズを手に入れるまでは、それは本当に大変でした。

はじめのうちは、一緒にお風呂に入り、赤ちゃんを洗って温めたら自分の髪や体は後回しにしてお風呂から上がっていました。
そして家事を済ませ、赤ちゃんを寝かしつけて、数分のうちにお風呂に入り、湯船につからずシャワーを使い猛スピードでお風呂から上がるという生活をしていました。

この数分のうちに、子どもが起きて泣き出してしまうのではないかという焦りもあり、ゆっくりお風呂に入れない時期が続いていたのです。

ベビーソフトバスチェアでリクライニング出来て助かった!

赤ちゃん風呂

そこで、たまたま親戚の方から頂いたものがバスチェアでした。
数ヶ月の赤ちゃんでも使用できるリクライニング式のお風呂用の椅子のことです。

新生児から使えるような柔らかい生地が使用されているため、赤ちゃんの肌にも優しい感じがしました。
メッシュタイプの生地になっており、使用した後は、シャワーで洗い流して乾燥させておけば清潔に保つことができます。
折りたたみもできて収納もしやすく、月齢に応じてリクライニングも3段階利用できるようになっています。

新生児から体重が11kgの子供まで使えます。
バスチェアの重さも1kgしかないため女性でも簡単に持ち運びできますよ。
ママに優しいお風呂グッズです。

ママも余裕をもってお風呂に入れる!

これがおうちに来てからかなり楽になりました。
一緒にお風呂に入り、自分が洗うときもバスチェアに寝かせておけば両手が空くので、私も身体や髪を洗うことができます。
身体を拭くときも、以前はお風呂の外にタオルを床に敷いておいて、そこに赤ちゃんを寝かせておき、スピード勝負で私と赤ちゃんの身体を拭いてこなしていたのですが、これも改善されました。

一人では両手がふさがり不安定なお風呂も、バスチェアのおかげで、赤ちゃんの安全性が高くなり、時短もできたのですごく助かりました。

シャワーは弱めで冷えにも注意が必要!

赤ちゃんに水しぶきがかかってしまうのを防ぐために勢いよく泡をお湯で流すことはできず、弱い水圧でのシャワーを使うしかないです。
広いお風呂だといいのですが、賃貸マンションだと、お風呂も狭いのでそこはデメリットです。

暖房付きのお風呂であれば、多少身体の冷えは防げるかなと思います。
私が自分を洗っている間は、結局放置状態になってしまうので、身体が冷えてしまわないように急いで洗う必要があります。
お風呂で使うグッズなので、常に清潔にしておく必要がありますのでこまめに掃除をしなければいけませんでした。

使う期間は短いしママが風邪をひいては元も子もない

赤ちゃんをお風呂に入れる際に、お風呂から上げて、お着替えまでしてくれる人がいれば問題ないのです。
しかし、私のように一人でお風呂に入れなければいけないママにとってはかなり必要性があるのではないかと思います。

夏場はいいとしても、冬場のお風呂はかなり冷えます。
赤ちゃんにとっても体を冷やすことはかなり負担になります。
一人で育児する時間が長いからこそ、ママが風邪をひいてしまっては元も子もないですからね。

赤ちゃんであるのも今の内と思って、我慢するよりもこのようなグッズに頼って方が少しでも楽になり、時短できるおかげで空き時間にやりたいことができるかもしれません。

本体価格もそこまで高くないですし、折りたたみが可能なタイプなので使わなくなっても収納に困りませんでした。
是非みなさんに利用してほしいと思います。

お風呂グッズはこちらも便利ですよl
赤ちゃんのお風呂(沐浴)グッズのバブチャンを使った感想!腰痛とも無縁!

お風呂と冷え対策も完璧に対応!
スイマーバの感想と注意点!赤ちゃんとの大変なお風呂が楽しくなった経験!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加