赤ちゃんの寝返りや冷え対策のスリーパーで快眠!期間や体験について!

冬の夜、まだ話のできない子供の体温調節は難しいです。
私は子供が0歳の冬はまだ寝返りもそんなに激しくなく、自分も授乳で数時間おきに起きて子供に触れていましたからその都度掛け布団で調節していました。

1歳になり寝返りは激しく、逆さまになっていたりして布団は無くなっています。
パジャマを温かいものにはしていますが、布団に入り込んでいると逆に熱がこもっていたりして体温調節に難渋していた時に頂いた救世主でした。

記事製作者:32歳
子供:1歳
おねんねスリーパー

まだ寝返りが盛んではないときは、着るものに加えタオルや毛布、羽毛布団など掛物で体温調節をしてあげることができます。
母である私たちもその頃はまだ授乳や夜泣きで数時間おきに夜中は起きて子供を抱っこするので、様子を見ながら体温調節をしてあげることができます。

しかし1歳を過ぎると動きは活発になり、夜も真っ直ぐには寝てくれません。
掛物をしっかりかけて調節してあげても何度も布団を蹴り飛ばし、本人は逆さまになってる始末です。

あまりにも寒ければ本人も不快で泣いたり教えてくれるとは思いますが、風邪をひいてからでは遅いですし、お母さんもその都度起こされるのはたまったものではありません。
あまり着込ませ過ぎると汗をかいてしまい逆に風邪を引きかねません。一歳の冬はそんなことで困らされていました。

スポンサーリンク

Baby Gooseの快適2wayおねんねスリーパーを使ってみた

おねんねスリーパー

背面はムレ防止のためハニカムメッシュになっています。
他はマイクロフリースでできておりフカフカしています。

ピンク、ブルー、ベージュの3色の色があり性別などで選ぶことができます。
どれも赤ちゃんらしい柔らかい色合いです。
生後3ヶ月くらいから3歳くらいまでは使えると公式ページにも記載が有ります。
長く使えるため買っておいて損はないですよね。

ボタンはスナップになっており取り外しにとても便利です。
特徴としてはスナップの付け替えでサロペットとロングベストと2タイプの使い分けができます。

背中側からお尻までがメッシュになっているため熱もこもらない

普段家で遊んでいる時でもさっとロングベストとして着せてあげることができます。
フリースがふわふわで今のところ洗っても生地がへたる事はなく暖かさが保たれています。

また、サロペットとして使うと夜寝返りをどんなに激しくあってもずれる事はなく、布団が蹴られていてもある程度の暖がとれてとてもいいです。
背中がメッシュになっているので掛物が多すぎて熱くなっても背中にびっしょり汗をかくということもなく、とても使いやすいです。
メッシュは汗をしっかり発散してくれるハニカムメッシュというみたいですよ。
背中はいつもサラサラに保ってくれます。

毛玉が出来やすい事以外は問題なし。

大きな不便さはないが強いていうならば、毛玉がつきやすいです。
ベージュのスリーパーを使っているせいもあり、毛玉が目立ちやや薄汚れたような雰囲気になってしまい残念です。

その時は毛玉取りを軽く当ててとっています。
フリースと背面がメッシュなこともあり、暖かく少し肌寒くなってきた頃から、本格的に寒くなった時まで使えますが、本格的に寒いときはもう少し暖かい仕様であってもいいかなと思いました。
全体的にはあまり大きな不便さはありません。

スリーパーは大きな風邪をひく事もなくお勧め!

一歳を超えて活発に動けるようになり、夜の寝返りも元気いっぱいです。
横向きで父母の顔を蹴ったり、最終的には逆さまで寝ています。

寒い冬に布団を蹴り飛ばして寝ていることも度々な中、このスリーパーはずれることがないのでお腹も出ずに暖をとることができました。
おかげさまで大きな風邪をひくこともなく元気です。

色合いも淡い色で赤ちゃんにとてもよく似合います。
お風呂上がりから着せてひと遊びするにもサロペットの形でとても動きやすそうです。

ベストにするとさらっと簡単に着せることができるので楽です。
また、ロングベストにすると3歳くらいまで使うことができるのも魅力です。
買い換える必要もありません。また、背面がメッシュなのですこし暖かくなったり、掛物が多く熱くなってもムレることがないのでいいです。日本製なのも製品がよく安心です。

冷え対策は乳幼児突然死症候群SIDSの予防にもなるようです。
乳幼児突然死症候群SIDSの防止対策で注意した事を書いてみました!体験と感想をまとめてみた!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加